進捗ダメです。肩がぁー!頭がぁー!

文字数27000で、今日は3000文字しか書いていません。 目標の半分です。 肩と頭が痛くなってしまったというのはイイワケで、進む方向は決まっているのですけれど、そこまでの道のりが遠く険しいのです。 アイデアのない砂漠を歩いています。 肩と頭が痛いとい…

小さな男の子をひどい目に

文字数24000で、今日は6000文字書きました。 いま書いているこの小説、小学1年生の男の子が主人公です。 主人公の男の子がいろいろとひどい目にあいます。 出だしは、エンペラーペンギンに押し倒され、上にのしかかられました。 重たくて、息ができなくて、…

カメの歩み

文字数18000、今日は6000文字とどうにか目標をクリアしました。 ネタのないところを書くのは、オアシスを求めて砂漠をさまようようなものです。 方角がわからず、どれくらい進めばオアシスが見えるのかもわからず、山になった砂地を登っていかなければなりま…

忘れていました

応募した賞の結果が8月中に届いていたのでした。 この小説については、これで終了です。 いつかどこかに公開するかもしれませんけれど。 記録のために投稿しておきます。

アイ色も終了

9月1日評価結果のメールが届きました。 とりあえず、この小説についてはこれで終了です。 もしかしたらどこかで公開するかもしれませんけれど。 アイ色はカテゴリをセピア色とわけていなかったのですね。 記録のために投稿しておきます。

ただの記録です

9月1日評価結果のメールが届きました。 とりあえず、この小説についてはこれで終了です。 もしかしたらどこかで公開するかもしれませんけれど。 記録のために投稿しておきます。

考えながら書く

文字数12000文字、今日は4000文字と少なめでした。 書く内容が頭にあって書いているというのではなく、これからどうなるのかなと考えながら書いています。 進みも遅くなるというものです。 最終的には10万文字くらいの小説にしようと思っています。 9月中に…

いまは、もう秋

昨日はブログの更新を怠りました。 小説は文字数8000文字、昨日は3000文字しか書いていません。 小1の男の子の話なのですけれど、遊び仲間が大勢出てきて、名前を考えるのに苦労しました。 あと、遊び場所と、なにして遊ぶかというのも、なかなかの問題でし…

夏休みは終わりだ

前回のブログ更新から、ノンフィクションを5冊、小説を2冊読みました。 小説は、太宰治「人間失格」の原稿を写真に撮ったものと、森博嗣「ゾラ・一撃・さようなら」です。 「ゾラ」は、読みながらこういうことかな、いや、でも裏切ってちがう展開が待ってい…

ホコリのように、ネタがたまって

小説を賞に応募して以降、ノンフィクションを4冊、小説を1冊読みました。 小説は二階堂黎人「ドアの向こう側」(講談社文庫)です。 渋柿シリーズです。 渋柿シリーズはどうなっているのでしょう。 つづきは書かれないのでしょうか。 つぎに書く小説はミステ…

ショタの、ショタによる?ショタのための小説

つぎに書くつもりの小説。 タイトルをひとつ思いつきました。 でも、まだイマイチな気がするので、決定ではありません。 作業タイトルは「ショタ」ということにしておきます。 ヒドイですね。 主人公は小1の男の子で視点もその男の子に固定です。12月くらい…

メアドまちがった(涙)

昨夜小説をウェブ応募で、賞に応募したのですけれど。 メアドをまちがっていました。 ID が発行されて、例の雑誌についている応募券を貼るハガキに記載するはずなのです。 ID のメールが届かないのでどうしたのかなと思ってメーラーに表示されるアドレスを見…

終わったぁ!(本当は終わっていない)

18回の推敲を終えて、賞に応募しました。 まだハガキを送らないといけないのですけれど。 だから、応募完了とはいえません。 明日にでも、ハガキを買って送ります。 最終の文字数は、106551文字で、原稿用紙にすると320枚でした。 12万文字を標準と考えると…

よし、明日に決めた

17回目の推敲をしました。 ほとんど読んでいるだけで、修正箇所はすこししかありません。 あと1回読んで賞に応募します。 明日中に応募するつもりです。 世間はお盆休みにはいったようです。 高速道路が渋滞しているそうですね。 人が移動するときには家…

過去はふりかえらず

16回目の推敲を終えました。 賞の応募券付の雑誌を入手しました。 懸賞じゃないんだからと苦い思いをしつつ。 月曜日までに応募すればいいと気が大きくなってしまったので、まだ推敲しています。 ウェブで応募ができたら、本を読みつつ次の小説のアイデア…

お願い、もう一度だけ

15回目の推敲を終えました。 応募しようかという賞を見つけました。 なんというか、ケチくさい賞です。 応募するのに、雑誌を買って応募券をはがきに貼って送れという。 雑誌売れてないんでしょうね。 作家や小説を求めているというより、雑誌を売りたいので…

グリコ カフェゼリーはサッパリ味

14回目の推敲を終えました。 この期に及んでなにを思ったか、小ネタを追加してしまいました。 もう一度推敲します。 以前にグリコ カフェゼリーを探していると書きましたが、とうとう発見しました。 普段行かないスーパーで売っていました。 130円くら…

愛のスコール

13回目の推敲が終わりました。 最後のつもりだったのですけれど、けっこう修正箇所が多かったので、もう一度推敲します。 スコールというジュースが売っています。 九州あたりの飲み物という印象だったのですけれど、全国区になったようです。 スコールを…

小説を書いてみて気づくこと

12回目の推敲を終えました。 明日で推敲を完了していいのでしょうか。 まだ不安です。 「いいね」 佐藤は同意した。 小説の中で、よくこんな文章がありますよね。 わかりやすくデフォルメしてあるわけですけれど。 これ、セリフの意味ありますかね。 地の…

ネタは新鮮。それとも熟成が必要?

11回目の推敲を終えました。 土日で推敲を完成して、月曜日にアブストラクトを完成させて、火曜日に応募先を決め、水曜日に応募できたらいいなと思います。 アブストラクトはとりあえず書いてあります。 文字数とか、アブストラクトの推敲とかありますけれ…

どこで点をいれるのか

10回目の推敲を終えました。 あと何回推敲すればいいのでしょう。 まだ終わらないようです。 今回は句点「、」をつけるか取るかというのを注意して推敲してみました。 句点を意味の区切りだと思っている人がいるようです。 で、も、ね、そうではないですよ…

そろそろ、つぎのことを

9回目の推敲を終えました。 今回は文章の細かいところを主に修正してみました。 つぎにペンギンシリーズ3作目を書こうかと考えていて、すこしアイデアをだしているところです。 このシリーズは、なんちゃってミステリの要素をいれるようにしているのですけ…

ネタバレじゃなくても、バレるんですけど

8回目の推敲も終わりました。 昨日サボったという意識はなかったのですけれど、推敲が終わらず今日になってしまいました。 【ネタバレ】 アガサ・クリスティ「アクロイド殺害事件」(創元推理)を読みました。 本のはじめに作者が書いた文章が本文とはべつ…

Keeper Of The Seven Keys

推敲はもう7回ですか。 あまり修正するところがありません。 小説を書くのが上達したということで、10回で完成にしてしまおうかと思いはじめました。 季節はまったくちがいますが、ハロウィンが日本でも普及してきました。 ディズニーランドの飾り付けが…

キンドル、キケン

6回目の推敲を終えました。 キンドルで本文を読んで推敲をするので、推敲期間はキンドルを手にもっている時間が長くなります。 小説を書きはじめのころは、キンドルの角が手のひらにあたるような持ち方をしていて、手のひらにあざをつくっていました。 いま…

諸行無常の響き

5回目の推敲を終えました。 文字数10万文字くらいに、いっぱい詰め込んだつもりですけれど、思いのほかサッパリした印象に仕上がっていると思います。 いや、まだ仕上がってはいないのでした。 この小説は、うまく書けてないけど先に進んでしまえといって…

現場からは以上です。

4回目の推敲しました。 以前はいつまでたっても書き出しを直しつづけていた気がするのですけれど、このところはそんなことがないようです。 小説を書くのが上達したのかもしれません。 いっぱい書けば上達するものらしいのです。 ソースは森博嗣。 今日は、…

急な発熱

3回目の推敲が終わりました。 昨日は1日寝込んでしまいました。 エアコンの設定温度31.5°なのですけれど、暑くなったり涼しくなったりします。 暑いときは団扇であおぎます。 一昨日の夜、涼しいというより寒いなと思っていたのです。 深夜から熱が出て、…

グリコ カフェゼリー、いづこへ?

2回目の推敲を終えました。 日曜日はサボりましたので、ゆっくりペースです。 あと、本を買いました。 小説やら、エッセイやら、科学やらです。 先月読書月間があって少し本が減ったばかりだというのに。 スーパーに、グリコのカフェゼリーが見当たらないの…

ちょっといいタイトル

今日から推敲をはじめました。 同時に「芸大美術学部彫刻科学生」というヒドいタイトルを「シタイ?キス:それとも;」に変更します。 すこしいいタイトルのような気がしています。 さっそく1回目の推敲を終えました。 10万文字くらいで、文字数少なめで…