読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推敲はじめました

3月か4月くらいに書いたらしい小説です。

「愛音ちゃんの秘密、わたしの嘘」。

中学校の入学式の朝からはじまる、女の子ふたりの物語。

茶華道部にはいることにしたので、例によって茶道も華道もなにも知らないわけですが、でっちあげて書きました。

あと、AIというかアンドロイドなんかもでてきます。

AIはちょっとだけわかるかもしれません。

書いたのは知らないことばかりなので、やっぱりでっちあげです。

 

推敲の進捗は28%です。

これはキンドルの表示が28%ということです。

この前まで書いていた小説とは口調(文体?)がちょっとちがうので、とまどってしまいます。

切り替えないと。