読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲報:規定枚数を大幅にオーバーしていました

彼女の秘密、わたしの嘘

1回通して推敲しました。

規定の分量を守っていないと、足したり引いたりしたら推敲の意味ないと思って、賞の応募規定をチェックしたら、軽く倍以上の分量がありました。

なんなの?四百字詰め原稿用紙換算って!

文字数は102000文字くらいで、むしろ足りないかと思ったのに。

別の賞にまわすしかなさそうです。

すこしは削る余地があるんですけど、さすがに半分以下にはならない。

直近の締切の賞に応募しようと思ってたのに。別の賞は来年です。とほほ。

まあ、早く出して悪いことはないから、推敲したら応募してしまいます。

あと、2回くらい推敲しようと思ってます。