読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう、ダメだ

セピア色のポートレート

おかしいです。

賞の応募規定におさまるボリュームの小説を選んで推敲をはじめたはずなのです。

なのに、推敲を終えて、いざ応募しようとしたら、規定の1.5倍も分量があるじゃないですか。

どういうことですか。

応募規定がかわった?

そんなわけないですよね。

もう、絶望しました。

文字数77000文字くらいで、たいして推敲前後で変わっていないと思うんですけど。

なにが起こったのか。

はじめに分量をはかったときに失敗していたということでしょう。

しくしく。です。

大変な思いをして推敲したというのに。

 

推敲中に続編のアイデアが少し。

やれやれ。