読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17回、推敲しました(賞に応募しました)

セピア色のポートレート

とうとう、「アイ色のアストログラフィ」というタイトルで、

小説の賞に応募しました。

「セピア色のポートレート」につづき、2個目です。

でも、まあ大きな事件が起こるわけでもない地味な小説なので、

たいした評価は得られないと思ってます。

ドッカーンと大きな事件が起きて、スッキリ解決するのがよいみたいなことが

応募マニュアルみたいなのに書いてありました。

伏線はすべて回収しろみたいな。

あまりわたしの趣味ではありません。

 

推敲は17回もしたようです。

というのも、キンドルにいれて見直しをしているので、

アマゾンにキンドルファイルをメールするのですね。

メールの送信履歴を見れば何回修正したかがわかるのです。

 

つぎの作業なにしようか考えながら、とりあえず本でも読みます。

「記憶のしくみ」がまだ読み終わっていませんので。