読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめがカンジンだと思う

彼女の秘密、わたしの嘘

推敲中です。

小説を読むとき、はじめの1行から読みやすくないと嫌になりますよね。

1ページ目から4人も登場人物が出てきて、名前おぼえられないと思いながら次のページに進むとき、もう読むのやめようかなと思いますよね。

 

「彼女の」を1行目から読みはじめると、やっぱり読みにくいです。

推敲でどんどん書き直しています。

原型は残っていません。

バッサリ段落ごと削除することもあります。

なんなんでしょうね、あの読みづらさ。

説明的になってるわけではないのです。

説明が足りないのか。

ちがいますね。

文章からくるイメージがスムーズに流れない感じです。

ガタガタします。

それをどうにかスムーズにいくようにと手を加えます。

しばらくページが進むと勢いがついているのか、流れができているからなのか、修正するところが減ります。

 

今日は寝ている間に、スノボをやっていて男性が女性に出会うというか、再会するシーンが浮かんだので、使い道があるかどうかわからないけど書き出しておきました。

5000文字くらい。

スキーでチェイスする話を書きたいと思っていたので、とりあえずそこにぶっこんであります。

スキーのシーズンですよね。

わたくし、スキーもスノボもしません。

寒がりの冷え性なので。

冬はあたたかい島に行って過ごしたいです。