読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推敲しながら涙。

推敲はつづいています。

もう推敲だけで4回くらい読んでいるのですけれど、自分で書いた小説なのに涙がでてきます。

自分で書いた小説とか関係ないのでしょうね。

いや、自分の書いた小説だからということかもしれません。

頭の中に構築される世界の中で体験しているということなんでしょう。

同じものを読者の頭の中に構築できれば、すばらしいことですよね。