読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあまあ順調です。

文字数18000で、今日は5000文字くらい書きました。

思いのほか文字数が伸びません。

短い小説になりそうです。

「セピア色のポートレート」と続編が70000文字くらいづつで短かったですが、

同じくらいになるかもしれません。

登場人物の名前、まだつけてません。

明日こそ、と思ってます。

 

昨日の分でひとつの章が終わって、今日の分は2章がはじまったところです。

男の人が登場しました。名前はまだない。

1章で主人公の女の人の部屋に黒猫がやってきて、数時間でいなくなってしまったのですけれど、そのときのことをどうやらこの男の人は知っているみたいという、謎めいた登場人物です。

女の人が、なんで黒猫とのことを知っているの?タネ明かしをしてといいました。

男の人は答えず、待ち合わせの約束をして逃げるようにして去りました。