読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケナイ、イケナイ

もう何度も推敲しているのに、ポッカリ大きな穴を見つけてしまいました。

アブナイ、アブナイ。

なかなかデリケートな部分で、なにをどこまで書くか、むづかしいです。

慎重に考えながら、いま修正中です。

ということは、まだ推敲をしなくてはいけません。

 

参考になるかと思い、小説を読むようになりました。

小説を書くようになる前は、サイエンス関係の入門書とか、歴史っぽいのとか、面白そうな新書とかを読んでいました。

小説の中でも、海外のミステリを読もうと思っています。

いまはプロンジーニ&マルツバーグ「裁くのは誰か?」(創元推理文庫)です。

ほかにもいろいろと、とりあえず買うだけ買ってあります。

20冊くらいストックしてます。

バンバン読まないと、飽きてそのうち読まなくなりそうです。もったいない。

というわけで、バンバン読んでいきます。

CWAとか、MWAとかいう組織の賞があります。

しばらく読んで読みたいものがなくなったら、2010年以降の受賞作を読んでみるのもいいかなと思っています。

それとも、古い小説のほうが参考になるかな。