読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の匙

文字数68000文字で、6000文字書きました。

コピペに加えて、少し書き足しました。

いまの段階で70000文字ちかくきてるということは、前半がかなりストーリーの進行がノンビリで、後半になってあっさり終わるという感じになりそうです。

 

銀のスプーンを、プレゼントのために制作したのですけれど、中勘助銀の匙」を読むべきかと思って、いま読んでいます。

薄い本のわりにあまり進みがよくありません。

嫌いなタイプの人間なのかもしれません、中。

これは、小説というよりエッセイです。

畑正憲「ムツゴロウの青春記」みたいな。

「ムツゴロウ」のほうは面白くてすぐによんでしまいます。

ムツゴロウさんといえば、あのムツゴロウさんなのですけれど、文章がとてもよい。

わたしの中ではエッセイストのベストスリーにはいります。

高木貞治「解析概論」がでてくるのもうれしい。

ムツゴロウさん東大にはいって、大学院に進学しているんです。

修了したかどうか忘れたか、書いてなかったかですが。

学生結婚してたり、パチプロで生活していたことがあったり。

読むとすっごい楽しめます。