読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推敲がはじまりました

昨日から今日にかけて、1回目の推敲をしました。

80000文字の短めの小説で、つくりも単純、「ペンギン」の推敲を思えばラクです。

 

推敲をしながら、続編の準備をすこしづつ進めます。

主人公は、いまの「黒猫」にでてくる平文くんです。

ということは、同じく「黒猫」で平文くんと親友の安藤くんもでてくるはずです。

続編もタイトルに黒猫をいれる予定です。

黒猫という喫茶店での出来事がメインになる予定。

こちらも短めの80000文字くらいにしたいと思っています。

一番大変そうなのは、平文くん目線で書くということです。

平文くん、学生なのですけれど、応用物理かそのへんの学科に所属しているのです。

応用物理、わかりません。

すこしくらいは勉強しないと、小説が書けないと思うので、ネタを仕入れるのがむづかしそうだと警戒しています。

本当につぎに続編を書くとなると、1ヶ月くらいしかないのです。

応用物理、どうなることでしょう。