念願のシードル

ピーター・ラブゼイ「苦い林檎酒」を読んで以来、シードルを飲みたいと思っていましたが、スーパーで見つけられず悲しい思いをしていました。

昨日、スーパーで見つかりました。探しているときも棚にあって気づかなかったのか、あらたに入荷したのかわかりませんけれど。

ニッカのシードル・スイートでした。

あとサントリーのシードルもありました。

見慣れたビンのニッカにしました。

アルコール2%で、弱いお酒です。

スイートという名前のわりに甘く感じなかったのですけれど、舌がおかしいのかもしれません。

 

P.Dジェイムス「女には向かない職業」を読みました。

本格ミステリというわけではないのですね。

いまはパトリシア・コーンウェル「証拠死体」を読みはじめたところです。

これも女性が主人公ですね。

小説の参考になるとよいのですけれど。

 

広告を非表示にする