カクヨムまとめ2024(5月分)

 昨日は寒いくらいで、羽毛布団をかけて寝ているものだから快適でした。最近はすこし暑くて夜中に起きてお腹だけに布団をかけるようにしていましたよ。

 でも早起きしたから眠い。目覚ましを止めたあと二度寝をしなかっただけですけれど。

 さあ、今月も頑張っていき抹消。おっと打ち間違えました。頑張っていきましょう。ということで、先月のまとめから。

9ちゃんねるは順調

 投稿時間がくるったりもしていますけれど、どうにか毎週日曜日に投稿していますよ。投稿済みの文字数は8万文字を超えました。あと4回で終わる予定ですけれど、ちょうどよく終われるか、ぎりぎりといったところ。10万文字を超えて終わりたい。

 PV数も各回10~15といったところです。人気がない。わたくしが書く小説もそのくらいですけれどね。今は小説もちびちび書いていることだし、9ちゃんねる終了後はエッセイ風ラジオをしばらく中断してもよいかと思っています。

くず籠?

 ネタばかり思いついて書いていられない状況になっています。「ボクには幼馴染がいない」まで第1話をくず籠に投稿していますけれど、そのあとも「プリンセス・セップク」、「高校生の俺が入れ替わった少年の事件簿(仮)」というネタが思いついています。

 セップクは、中世すぎのヨーロッパが舞台です。プリンセスだから、主人公は王国の姫さま。子供のころにヒガシの国の野蛮な風習、失敗したら切腹の話を聞いて切腹にあこがれてしまいました。なんじゃそりゃ。たぶん最後は、姫さまがギロチンにかけられて首チョンパとなったところで、切腹で死にたかったのにと国民全員を呪いながら死んでいくことになるでしょう。ひどい話や。

 少年の事件簿は、高校生が自転車をかっとばしていたら小学生が飛び出してきて、よけきれずに頭ゴッツンコ。中身が入れ替わってしまうお話。頭同士を打ち付けたところで心が入れ替わるはずはないのですけれど、そんな超常現象が起こってしまうのが小説の世界ですね。都合よすぎ。

 作者の希望としては、入れ替わった精神高校生が事件を解決する。その過程で小学生があのとき飛び出してきた理由が判明する。という話にしたい。事件も飛び出す都合もなにひとつ思いついていませんけれど。そんなことで小説が書けるのか。書いていればそのうち思いつくことでしょう。楽観的。

 上のふたつの小説も、1話だけくず籠に投稿しようかと思っています。少年の事件簿はパクリがひどいからカクヨムで連載にするかもしれません。ほかのは公募の賞に出して落ちてからカクヨムというつもりです。落ちる前提かよ。