読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推敲、終わらず。終わる気がしなくなってきました

セピア色のポートレート

推敲するたびに修正箇所が増えていくような気がします。

今日は推敲終わりませんでした。

これ、70000文字の小説の推敲にこんなに苦労するということは、

120000文字の小説はもっともっと大変ということですよね。

気が滅入ります。

推敲は AI がやってくれるといいのですけれど、

結果をチェックするのは自分になるはずで、

チェック後に再度推敲にかけて、チェックしてとなって、

あまり AI の意味はないかもしれません。

それとも自分でチェックする回数が減らせるかな。

AI に推敲を学習させている間に寿命が尽きるかもしれません。