カクヨムで連載していた「ショタト・ワタシ」が完結しました

 はじまりがあれば終わりがある。はじまってしまえば終わったも同然。

 九乃カナの名言からはじまりました。この記事は、カクヨムで連載していた「ショタト・ワタシ」の完結をお知らせします。

 

ショタト・ワタシ A shot at what I see(九乃カナ) - カクヨム

 

ペンギンシリーズとは

 「ショタト・ワタシ」はペンギンシリーズ第3弾です。首都直下型地震関東平野のほとんどが海に沈み、グンマが日本から独立、日本は東西に分かれてしまったのでした。

 そんなグンマ、海がキタ――(゚∀゚)――!!! と言って大喜び、調子に乗って国立水族館をつくりました。そんなグンマの国立水族館をメイン舞台にしたペンギンシリーズです。ペンギンシリーズというからには、国立水族館にはペンギンがおりまして、エンペラーペンギンですな。しゃべります。いんちきくさい関西弁を。なんでやねん。

 

ペンギンシリーズふりかえり

 シリーズ第1弾は、「国立水族館ペンギン担当」。もうすこしなにかなかったのですかね、タイトル。

 国立水族館の飼育員ペンギン担当クボタさん視点で、藝大生の殺人事件ぽいのが起きて、同時に藝大生の相内さんが押しかけ女房してくるという、どうも胡散臭い展開を見せます。

 犯人は相内さんなのか、だいたい殺人事件なのかどうかもあやふや、でも連続して人が襲われたり。なんかいろいろな展開が待っています。

 

 シリーズ第2弾は、「シタイ?キス:それとも;」。藝大生の相内さん視点にかわります。このシリーズ、ひとつごとに視点人物がかわります。ヘンなの。

 この小説は、死体消失が裏テーマです。裏かな? クラゲが消えたり、大学のアトリエから死体が消えたり、最後には久保田さんが相内さんの目の前から消えます。死んじゃったの? 最後、終わりそうで終わらない、ベートーベン的進行の中で、しますよ、キス。

 

 シリーズ第3弾の本作、「ショタト・ワタシ A shot at what I see」。小学1年のタイトくん視点。ショタです。

 ショタのハードボイルドを目指して考えましたよ。ひどい目に遭って、やれやれというエピソードばかり集めました。

 タイトくんは主人公だけれど、いい子ではありません。パチンコで猫を狙って、タヌキの置物に命中、壊してしまいます。嘘をついて無罪を勝ち取ったのですけれど、あずみお姉さんは最初からお見通し、脳天にゲンコツをもらいます。

 最後のエピソードで最大の災難に遭って、首を切られます。幼馴染の女の子、天使と書いてアンジェちゃんに助けられます。タイトはいつも女の子に助けられるのですけれど、普段は女の子に痛い目に遭わされています。

 女の子に助けられるところでタイトル回収です。A shot at what I see のほうね。

 相内さんと久保田さんの関係にも進展がありますよ。相内さんの作品も完成しますし、シリーズとして裏でストーリーが進行しています。

 

ペンギンシリーズのこの先

 ペンギンシリーズ、3部構成の全9作の予定です。まだ3分の1。3作目までしか書けていません。南極で事件を起こさないといけなくて、なんも思いつかねえ!

 ほかの部分でけっこう面白いエピソードを思いついているのですけれどね。いつか書きたい。

 

創作過程が丸裸?

 「ショタト・ワタシ」を書いていたときの記録がブログにあります。カテゴリーにまとめてあるから、こちらにアクセスすればまとめて読めます。41個も記事があるみたい。これ読むのも大変。

 

ショタト・ワタシ:ペンギンシリーズ1-3 カテゴリーの記事一覧 

 

 ブログ記事は読んでくれる人がいる想定で書いていますけれど、記録だから読んでも面白くないことでしょう。小説ができてゆく過程が気になる人は読んでもよいかもしれません。

 

つぎの連載

 手持ちの小説がなくなってきました。つぎは「彼女の秘密、わたしの嘘」を連載します。どうしましょう、いつから? うかうかしていると存在を忘れられてしまうし、お知り合いの方たちがあまり投稿していない今がチャンス? てなわけで、土曜日からはじめましょう。ブラック企業みたいに、お休み? なにそれ。です。

 ではまた、土曜日にカクヨムで待ち合わせ。ぜったい来てよね!

カクヨムまとめ2022(5月分)

 ブログのタイトルは「ショートストーリーを書く(書いた)」となっていますけれど、あたらしいのを書いていないなとしみじみ思ったところ、いや、5月はひとつ書いたのだったと思い出しましたよ。

 そんな5月、暑くなったり涼しくなったり、寒くないからよいのですけれど、梅雨になるのは嫌だなあと思う今日この頃、5月を振り返りますか。

 

ショタト・ワタシはクライマックスへ

 いま投稿の日付をチェックしていて気づきました。16時に投稿している回がありますね。予約投稿を18時に設定しているつもりだったのに、午後6時と16時を間違えてしまったのでしょう、子供か。

 順調に投稿が進んでいまして、5月終わりの段階でほぼ10万文字投稿しました。全部で11万文字、あと3話、6月8日(水)に完結しますよ。

 

 泰人がいつもの神社をお掃除していたら、猫をバラしている現場にぶちあたってしまったところまできました。相手はナイフもっていますし、猫を殺していますし、泰人は小学2年生になったばかり、殺されて神社横の林に埋められてしまうのでしょうか。

 ひえー!

 そんな緊迫の展開、6月1日投稿回は「二度あることは三度あるって本当ですか?」というのんびりしたタイトルでお送りします。

 

9ちゃんねるはのんびりペース

 新年度とともにはじまった9ちゃんねる第6クール、9回の投稿をしました。毎回、脈絡なく思いついたことをしゃべくっております、すこし早口でね。

 硬軟織り交ぜてしゃべっていますけれど、ポップコーンとキャラメルコーンとか、とんがりコーンとか、コーンが多いな、コーン好きと言うわけではないのですけれどね。やわらかい話は食べ物ばかりではあります。とんがりは食器洗いスポンジの話でもありましたけれど。

 

 6月は「うちの子のセックス」、「そいつぁ、トイレ流さないのとおんなじだ!」と、顰蹙を買いそうなタイトルと内容でお送りします。

 

5分で読書に参戦

 「瞬間探偵の退場」を書きまして、投稿しましたよの記事をブログにも書きました。

小説は40人弱の人が読んでくれました。いつもの小説は10人くらいしか読んでいませんから、イベント効果ですな。

 もうひとつ、「んー、誰かに言いたーい!」というタイトルの5分小説のネタがあるのですけれど、中身が思いつかず、眠っています。6月に入ったらすぐ締切になってしまうから、書かずに終わりそうな予感です。

 

6月の予定

 6月は「ショタト・ワタシ」が完結しますから、つぎの小説の連載をはじめます。「彼女の秘密、わたしの嘘」というタイトルで、中一の女の子ふたりがメインの小説です。面白いとよいのですけれど。

 2016年に書いたようですから、もう6年前ですか。早いものです。

「瞬間探偵の退場」をカクヨムに投稿しました

 ぶふぁ、カッコを入力してエンターしたら、直接入力になっていてタイトルがカッコで投稿されてしまいました。タイトル入力欄でエンター押したら投稿されちゃうんかい! ドジにはリスキーな仕様です。今は下書きにもどしました。

 いや、これが読まれるときには投稿していますけれど。書いているときの話ね。

 

「5分で読書」やってるってよ

 「5分で読書」は売れているのでしょうね。というか、ほかの本が売れなさすぎなのかな。カクヨムで「5分で読書」の原稿募集中です。

 お知り合いの参加作をいくつか読みましたよ。自分では参加するつもりなんてなかったのですけれどね。イベントが嫌いなもので。といいつつ最近よく参加している気もします。丸くなったものだ、九乃カナも。お腹はシャープだけれどね!

 わたくしはイベントでみんながワイワイやっているのを端で、ケッとツバ吐きながら冷ややかに見ているクールビューティーです。ビューティーはツバ吐かないか。

 

5分で解決探偵

 あれ? なぜ5分探偵を書こうと思ったのか、ネタを考えはじめたのか、忘れてしまいました。でもキッカケはともかく、幸運にもネタが思いつきました。

 5分どころか一瞬で謎を解くのはどうでしょう。そのためには、探偵が自分でした犯行を暴くのがよさそう。といって、ずるずると芋のツルをひっぱって、小説の作りができました。

 

 小説の作りができても、事件がないとミステリーになりません。どこからやってきたのでしょう、たぶん宇宙からの電波をキャッチしたのでしょうね。密室トリックを思いつきました。アホですけれど。

 どのタイミングでミステリーを思いついたのか。たぶん「どうやって密室にしたんです?」のセリフを書くところですね。ミステリーが思いついていないのに書きはじめました。なかなかの自信家ですな、わたくし。

 事件現場も、公民館の会議室と明かすところで決めました。必要になってから思いつく。無駄がない。省エネ、エコですね。

 

 それにしても記憶があいまいすぎますね、わたくし。まだ1週間くらい前の話なのですけれどね。ぼーっとして小説を書いていたのでしょう。

 

会話劇になった理由

 小説が会話だけでなりたっています。探偵はひとり言が多いというオチでした。地の文にするところも探偵のセリフでまかなってしまえ、そうすれば常にしゃべっている感じになるだろ。という伏線のつもりでした。読みにくいだけで、伏線とは誰も気づかなそうですけれど。

 

 大森少年に、かわいい顔と言うところがありますけれど、これも伏線のつもり。コスプレで美少女になりますからね。警部も美少女コスプレに興味もっています。流れを悪くしてまで入れるネタではありませんけれど、見直し段階で追加しました。

 

すべて解決したのか

 謎はすべて解いたという割に、いろいろと明らかになっていないところがあります。

 倉知さんが中学の頃って、いつだよ。もうSNSあったのかよとか。どうやって正体をつかんだんだよとか。それはいつだよとか。どうやって会議室まで呼び寄せたんだよとか。今何時で犯行からどのくらい経っているんだとかね。

 

 こまかいことは取り調べの中で倉知さんが明らかにしてくれることでしょう。知らされてもつまらないことですよ。

 

スペシャルサンクス

 最終段階で坂井令和さんに見てもらいました。読みやすくはなっていないと思いますけれど、すこし読者フレンドリーになったはずです。坂井令和さん、サンクス!

 

 では次回、なにかのときにお会いしましょう。ばいばい。

カクヨムまとめ2022(4月分)

 九乃カナのゴールデンウィークはオーディナル・ウィーク。いつもの、普通って、オーディナルというのですよね。メンドクサイから調べませんけれど。

 今回は珍しく、5月1日になってから書いています、まとめ記事。

 

 5月だというのにパリはまだまだ寒い。たぶん明日は雪です。ウソです。会社にお勤めの方は長いお休みでうれしかったりするのですかね。働きすぎだから、休みを満喫してください。

 

 わたくしは寝すぎに困っています。寝坊助です。いや、寝坊の守くらい。今日も10時20分まで眠っていました。まぐろかなにかのめっちゃ高い食材の支払いをさせられているところで夢から覚めました。クレジットカードの1回払いで! 現金はあまり持ち歩きませんからね。スマホも。

 

ショタト・ワタシはあと少し

 主人公のタイトくんが幼馴染の天使ちゃんと水族館に行っています。名前は登場しないのですけれど、ペンスケも登場しました。オープニング以来ですな。

 あとは大きな事件がふたつあって終わるのだったと思います。今が7万5000文字。全部で10万文字くらいだっけ。あと2万5000文字ということは、3000文字投稿してゆくと、あと8回、9回くらい。来月には完結してしまいますな。

 タイトくんがどんなひどい目に遭ってゆくのか、お楽しみに。

 

9ちゃんねる、やっぱやるわ

 リクエストがあったもので、9ちゃんねるをつづけることにしました。貯金が少なかったから充電期間を作ろうかと思ったのですけれどね。

 17000文字投稿していて、下書きを含めて6万文字。下書きには音楽の紹介を入れるから、もうすこし水増しされます。あと3個か4個書いておけば安心と言ったところですかね。

 もうネタが思いつかなくなってきました。もともと大したネタなんてないのですけれど。50万文字分もシャベっていたらネタがなくなっても当り前という気もします。

 毎週少しづつ読まされているけれど、まとめたら50万文字ですからね、リスナーのみなさん、お疲れさまです! しゃべっているわたくしもお疲れさまです!

 そんなウィンウィンというより、ルーズルーズな感じでお送りしてゆきますよ。

 

5月の予定

 ショタト・ワタシが完結したら、つぎは「彼女の秘密、わたしの嘘」という、中学生女子のお話を投稿します。もう選択肢がなくなりました。

 2作のシリーズになっています。2作目は本格ミステリーのつもり。17万文字の大作です。だらだら長いだけとも言いますけれど。

 1作目もちょっとした仕掛けがあってミステリーと言えなくもないといったところです。

 まずはショタト・ワタシをよろしくぅ。

カクヨムまとめ2022(3月分)

 桜は遅咲きだったのですかね、まだ風にも負けずに花びらが散りはじめません。

 それはよいのですけれど、花粉症ですよ。わたくしは家にこもってあまり花粉にさらされていないのですけれど、それでも目はかゆいし、鼻はむずむずします。くしゃみもすこし。しぶといやつです、花粉。

 月がかわってしまったから、まとめをします。3月にも花粉くらいのしぶとさがほしかった。

ショタト・ワタシの連載

 小1男子の自称ミステリー「ショタト・ワタシ」の連載をつづけています。半分きたくらいです。4月2日の投稿で事実の暴露がある予定。

 武器をとりましたから、つぎは敵に立ち向かう番です。面白くなるとよいのですけれど。面白いかどうか、読んだ方が決めてくれるでしょう。

 

裏9ちゃんねる

 カクヨムまとめなのにカクヨムからはみだしています。ツイッターで日曜日に4曲のユーチューブ動画を紹介しています。

 わたくしのことだから、メタルがメインですけれど、ジャズやJポップも織り交ぜていますよ。

 

新年度ははじまった

 本日は4月1日、新年度がはじまりましたね。カレンダーはわたくしにとって意味をもちませんから、どうでもよいのですけれどね。

 カレンダーは自分で決める。世界は九乃歴で進んでいます。ちなみに時間は朝の7時39分で止まっています。部屋の壁掛け時計がその時間で止まっているだけですけれど。

 時間にも縛られないもので、壁掛け時計はずっと止まったまま放置しています。だいたい、カチカチ、カチカチうるさいのですよね、だまってろと思います。

 

 さて、カクヨムの4月ですけれど。9ちゃんねるを再開しようかとも思ったのですけれど、まだ4万文字しかたまっていないからやめておきます。5万文字以上いっていれば再開してもいいかなと思ったのですけれど。

 書かないとヤバい、投稿するものがないとなって書くのは嫌なもので。時が熟するのを待ちます。内容がどんどん古くなりますけれどね。一番古いのは残暑と言っているから、去年の9月とかに書いたみたいです。

カクヨムまとめ2022(2月分)

 花粉がくぅれば思い出すぅー、春かな今ぁー、もう3月♪ (尾瀬の歌のメロディーで)

 「夏の思い出」でしたか。わたくし家にこもっていますから、それほどひどくないのですけれど、やっぱり目がかゆかったり喉の奥が腫れた感じがあったり、花粉にむしばまれています。

 

 3月と言えばそう! 2月が終わりました。声を張るまでもありませんな。2月になにをやったか振り返ります。忘れっぽいもので。

 

「ショタト・ワタシ」の連載開始

 はじまってますよ! まだ読んでいない人に向かって叫んでいます。はじまってますよ!

 「ショタト・ワタシ」はペンギンシリーズ第3弾です。でも、主人公がかわるし、前の2作を読んでいなくても影響はないつもり。主人公は新キャラ、小学校1年生のタイトくん。タカカケタイトなんていう、言いにくい名前です。

 ウソツキ野郎で学校のクラスみんなから避けられています。でも、近所の年下の子はそんなことわからず、遊んでくれるからいい人だと思っているのかもしれません。

 同級生のマーくんはマイペースで、友達なのかなんなのかよくわからないけれど、気が向くと一緒に遊んでくれる。

 同じく同級生のアンジェちゃんは、天使の外見をして中身は悪役令嬢みたい。タイトと遊んでいる年下の子たちをさらっていってしまいます。寂しいタイト。

 そんな子供たちと、久保田さん、相内さんの大人たちと、いろいろなキャラが出たり入ったり。うん、おもしろそう! これは読まなきゃ! つまらなくても知らないけれどっ!

 

9ちゃんねる放送終了

 放送といっても、今回はカクヨムで文字だけのお届け、ユーチューブ版はサボりました。ネタが思いつかなくなってきていて、貯金は3万文字くらいしかありません。けっこうあるか。

 もう5クールが終わりまして、全部で50万文字もアホなことをシャベリ倒してきました。オシャベリが好きなのですね、わたくし。知ってた。

 裏9ちゃんねると言って、音楽だけツイッターでお届けしています。フォローしてくれよなっ!

 

KACがはじまりました

 お知り合いにはまだ小説を投稿した人はいないみたいですけれど、お題が発表になりまして、「二刀流」ですか。野球の人が活躍したからですかね。小説書く人と野球ってどれだけ関係があるか知りませんけれど。

 アレとコレ両方で二刀流、男と女でバイセクシャルしか浮かばん。

 

 ロイヤルティプログラムに参加しないとKACにも参加できないことになっていますね。もともとKACは応援しかしていませんけれど、そうなると返って横やりを入れたくなりますかね、天邪鬼としては。

 小説書くの大変だからなにもする予定はありませんけれど。

 

 みんな、ガンバれー!

 

「 9ちゃんねる(緊急事態宣言!)」の放送が終了しました

 かれこれもう第5クールですか。小説で言ったら第5巻完結ですよ。なっがい。よくもそんなにしゃべることがあるものだと、自分のことながら感心してしまいます。なにか賞でもあげたいくらい。

9ちゃんねる完結、またお休みに入ります

 緊急事態宣言だということで復活しました9ちゃんねる。1クール終わりましたから、また休眠にはいります。緊急事態宣言だからって9ちゃんねるをやる意味はないのですけれど、ネタがたまってしまって再開するのによい口実はないかと思いましてね、すこし乗り遅れた感はあったのですけれど、緊急事態宣言に乗っかってみた次第。

 第5波でしたか、感染者が増えて死亡する人も多かったのですよね。それも9ちゃんねるをやっているうちに収まって、緊急事態宣言終わりましたけど? という状況でした。ふてぶてしく九乃カナの世界では緊急事態宣言続行じゃいと言って継続していました。第6波がきて東京に緊急事態宣言だしたほうがいいんじゃないというタイミングで放送終了となりました。タイミング悪い星のもとに生まれたもので、仕方ない。

故人をしのんで

 死んでないよ! 誰が故人じゃい! ともかく今回の9ちゃんねるを少し振り返ってみますかね。書くことがないってわけじゃないんだからねっ!

 

 第1話は「滅びろ、ケッコン!」でした。ケッコンなんて、戸籍なんてやめちまえというお話。人のセックスに役所のお墨付きなんていらんだろというわけ。セックスだけがケッコンというわけでもないけれど。

 名前がかわるのが嫌とか、同性同士でケッコンさせろとか、メンドクセエと思ってしまいます。ケッコンに価値があると思うから、自分の都合のよいようにやってくれと要求するのですな。

 ケッコンなんて無価値と思っているわたくしのような不信心者からしたら、全部やめちまえとなります。

 

 第5話「書店の消えた朝」は爽やかにして不気味な雰囲気がただようよいタイトルだと思います。人類が消え去ったようなすがすがしさがありますな。静謐な清い空気感。

 

 第15話「売春のキワドイ線」。ちょっといかがわしいような、エロチックな内容を想像させるタイトルとなっています。でも内容は法律の話がメインという、読者には読むのがつらい仕上がり。ドSですな。

 

 第17話「ピザは好きに食わせろ」というのは、ピザ屋がお店のシステムを変えた話。食べ放題が基本になり、マルゲリータを食べたい九乃カナには改悪でしかない、世の中の流れはわたくしの暮らしにくい方向に進んでいるらしいという話。

 もうピザ屋には行っていません。行く気にならない。高くて、食べたいものを食べられない店になんて誰も行きません。最近は近所のスーパーで石窯焼ピザを出すから、そっちばかりです。安くておいしい。九乃カナにとっては安くないのですけれどね。

 

     第19話「光が跳ね、風が笑う」は表現の話だったかな。タイトルからは内容を思い出せません。いちいちチェックするのは面倒だから、メルヘンなタイトルになりましたとだけ言っておきます。

 

 「リアルタイム」で9ちゃんねるに乗り込んだのでした。第21話「9ちゃんねるでオシャベリ12月26日」ですな。面白くなるかと思ったのですけれど、出落ちでなんも面白くなかった。どんまい。

 

 振り返りは以上。食べ物の話が誰でも楽しめてよいのですかね。エッセイ向きな話題かも。残念なことに、九乃カナは食べ物にこだわらないのですよね。おいしいものを食べたいと思いません。マズいものは食べたくないのですけれど。

 そんなわけで、あまりネタはありません。

これからの9ちゃんねる

 9ちゃんねるはお休みに入ります。ストックは3万文字くらいありましてよ。「映画館のシケたポップコーン」なんて面白そうなタイトルでは。「コミュニケーション力の鬼」なんてのもあります。復活のときをお楽しみに。

 第5クール、読んでくださった方たち、ありがとうございます! まったねー!