ショートストーリー「等価交換肢」にふたつ追加しました。

 等価交換肢(九乃カナ) - カクヨム

 こちら、カクヨムの自主企画

  シェアードワールド『等価交換肢 血眼孕』(5千文字以内) - カクヨム

 に応募した連作短編になってきた小説です。

 「ふたりの母」、「夢宮眠未と瑕造儚の場合」を追加しました。二日連続で更新しましたし、昨日ブログを書くの忘れていましたから、ふたついっぺんになりました。

 「ふたりの母」の生い立ち。憑代の設定を使ってひとつ書こうと思ったのです。メモを公開しますね。

呪われた人間が、呪った人間を殺す。
けど、呪いが実行される。
なぜだと思って死にかけているところで、憑代だったとわかるとか。
ふたりの命で相手を殺すことになるけれど。そうなるとは思っていなかったのかな。
女のスマホのブラウザを開いたら「等価交換肢」にアクセスして、調べたら呪いのサイトだってわかって、呪われているかどうか調べたのか。
で、殺せばいいとわかった。
死にそうなときに憑代が出てきたから、こいつを殺せば助かると思う。
そうはさせるかと憑代が殺しちゃう。
呪いが成就できなくなって、対価の命は取られないとか。
殺されるところからはじめるか。

  はじめの狙いはミステリーっぽいところにあったのですね。これは一応実現していると評価します。呪われていることを知る部分は変えました。ご都合主義ですね。テレビを見ていて、呪われていそうと思うっていう。

 それに、呪いの標的は憑代に気づいていません。呪いの実行だと思いながら刺されて死んでしまいます。呪いが実行できませんから、対価も取られず、憑代は生き残ります。そこは書かずに済ませました。余韻。血眼のパートでも、そういうことかで済ませています。

 読解力がない人には気づかれないかもしれません。人それぞれ、読み取れたり読み取れなかったりします。それでよいのです。作者の知ったことではありません。

 このメモを書いたあと、お風呂へ浸かりました。ぼけっとしているうちに、冒頭のはじめかたを思いつきましたので、湯あがりに書きはじめました。4000文字足らずだったから、2時間で書きあがったと思います。

 翌日見直して、カクヨムに公開しました。

 さて、上に掲げたメモのようなものは、等価交換肢用のメモファイルに同時並行的につけています。今もふたつ分メモがあります。書きはじめられるほどではありませんけれど。

 「ふたりの母」を公開したあと、「夢宮眠未と瑕造儚の場合」となるメモを集中的に考えました。こんなことになりました。

12時間のタイムリミットがあるから、面白くなるかも。
女友達かなんかが呪いをかけるのを見てしまった。女子高生かな。
キャンセルは対価取られるし、呪いを受けなくちゃいけないし、ロクなことがない。
で、直接行こうってことになったのかな。
憑代とくっつければ面白いかな。
呪いを解いてくれって言ってきた人間に、憑代ってのがあると教える。
サイトにアクセスして、誰々の憑代になりますって言う。
対価が表示されたら孕みましたと言う。それで憑代になれる。
教えるだけ教えて血眼は消える。
ひとりで憑代を実行する。死を待つ。怖い。
視点を女友達ふたりと血眼とみっつ。行き来しながら。細かく切っちゃう。
なにか利用してからかな。

 またお風呂に浸かりながら、書けそうかなという気がしてきて、風呂上がりに書きはじめました。文章の雰囲気をかえましたから、すこし時間がかかります。途中までで止めて寝ました。

 メモのときは呪いを死にしようとしていたのですね。自分が死ぬほどの憎さって思いつかないのです。「ふたりの母」のように子や孫が殺されたらありそうですけれど。それで、呪いの内容を決めないといけない段階まで書いて、胸を呪うことに決めました。

 あと、12時間のタイムリミット。いまいち活かせてなかった。言葉では出てくるけれど、緊迫感がありません。失敗した部分です。

 翌朝。今朝ですけれど、続きを書き見直しもしてカクヨムに公開しました。すこし推敲をサボりました。

 一番ホラー的な部分は、儚が憑代になろうとしているところです。ここをうまく書きたいところでした。思いつかなかったから、かなりさっぱりした仕上がりになりました。他の部分とのバランスもありますしね。

ショートストーリー「等価交換肢 罅割滲の場合」をカクヨムに投稿しました

kakuyomu.jp シェアードワールドです。「告白死」もシェアードワールドでした。
 「告白死」を書いて、自分で全部考えたときとあまり変わり映えしないと思ったのでした。一田和樹さんのツイキャスで、そのことを書き込みましたら、変わり映えしないこともないと言われました。わたくしの頭から出てきたものだから、変わり映えしないと感じるのは当たり前かもしれませんね。客観的には、そんなことはないということでしょう。

 そんなわけで、「等価交換肢」を書いてみました。やっぱり、変わり映えしない印象ですけれど。どうでしょうねえ。

シェアードワールド『等価交換肢 血眼孕』(5千文字以内) - カクヨム

 はじめのアイデアは、出だしのところだけ思いつきました。まずは小さな呪いだろうなという方向で考えた結果です。ここで、基本設計を書きました。


呪いといっても、急に大きなのはやらない。
ちょっとしたことで試す。
うまくいく。
偶然?
なにに利用しようか。考え出す。


タイミングよくなにかあって、これに利用するしかないってなる。
何に?対価は?
せっかくだから呪いがかかるところを見たい。
偶然の事故のような形をとる。


血眼孕がでてこないと、なんのことやらだから、起承転結の転で出すかな。結?
小さな会計事務所を営む中年男。これといった特徴もない。
基本的にクズ。
実は呪いが本当に有効かどうか知らない。あるわけないと思っていたりして。
アプリからウェブにつないで、呪いのサイトにいくのかな。


主人公は事故で生き残るかな。
呪った相手は死んだか?
で、対価をとられる。
ここで、呪いが有効とわかる。

 続きが思いつかない状態で2のパートまで書きました。起の部分です。先が思いつかないため、3の血眼孕のパート(転)に移りました。保留にしただけで3の前に本格的な呪いの部分(承)を書こうと思っていたのです、このときは。ただ、2000文字を越えていましたから、文字数厳しいなと。
 血眼孕。はじめの設定だけではうまく書けなかったのです。方向性が定まらなかったのですね。呪いが実行されることを理解しているのかと。呪いなんてないと思っているけれど、実際は実行されるのかと考えていました。それはそれで面白そうなわけですけれど。それで、上の基本設計になっているわけです。
 「投稿戦線異状なし」の方にコメントで質問しました。血眼孕は呪いが実行されると理解している、一種超能力者だという一田和樹さんの回答でした。今は自主企画の設定に追記されています。その方向で書いてみました。

 もう少し書き込みたいところでしたけれど、キャラの理解が不十分でうまくいきません。ちょっとしたアクセントにはなっていると評価しています。このパートなしでは成立しませんね、小説全体が。
 本格的な呪いの方です。呪いが実行される場面に呪った人間もいて見届けたいよなというのが、はじめのアイデアです(承の部分)。どういう呪いがいいか。ひとつの事故みたいなものでふたりが体の一部を失う。なんとなく、付き合っている男女かなと思い、すると彼氏を登場させることになり。
 つづきはお風呂で考えます。得意技です。湯船に浸かって考えていると、ぼんやりと完成形の姿が見えてきました。けれど、ありきたりだなと。本格的な呪いのシーンはなしでいいかとも思いつきました。承の部分をごっそり省略です。文字数が減らせます。
 ありきたりでないアイデアは思いつきませんから、完成形のようになりました。起の部分の偶然?というのは、活かせていません。髪の毛を短くする方法を思いつかなかったのです。自動的に最後のオチも変わってしまいました。
 設定が使い切れていませんから、思いついたらほかにも「等価交換肢」書くかもしれません。血眼孕に突撃するとか、面白くならないですかね。どうにかして血眼孕をハメてやりたい気がします。

ショートストーリー「ダブル・ウォーカー」をカクヨムに投稿しました

 これは、何日か前、お風呂で考え事をしていたら思いついたネタがもとになっています。元ネタはこれ。

ドッペルゲンガー
殺したい人間に扮装してあらわれる。
ナイフで殺して、死体にナイフをもたせる。
発見されたシーンを書けば、ドッペルゲンガーは幻覚みたいに思わせられるかな。 

  ええ、失敗しています。ナイフを刺した角度で、どうも自殺ではないらしいと書いてしまったからです。どうなんでしょうね、実際。自分で刺しても、刺されても、同じような角度になってよさそうに思いますけれど。詳しく調べるのがメンドクサイということで、他殺のまま進めてしまいました。

 そのあとのことは、書きながら考えました。同じ階に事務所が同じアイドルの子がいて、男をくわえこんでいるという。最近どこかで似た話を聞いたような。

 超常的なことは起こらないですね。みんな薬をやっていて、ということにしました。最後は警察関係者らしき人物が超常現象みたいなことになりますけれど。なくてもいいようなものです。おまけ。

 それにしても、ドッペルゲンガー。やり尽くされていそうですよね。つまらくなりそうだからやめようかと思ったのですけれど。結局はつまらなくていいかと判断しました。決めるのは読者ですしね。

ショートストーリー「うちのカナは名探偵。親ばか」をカクヨムに投稿しました

 「本日、死体日和」と同じ世界です。

 名探偵ごっこですね。2番目のセクションは父親のカズキが話している体をとっています。カナが口をはさむところは、鍵カッコを逆にしてみました。

 これも、小説を書きはじめの頃にネタを書き留めて置いたものです。短いからカクヨムで公開するのによさそうと思いついて仕上げました。スピード解決ですから、小説も短い。さすがに四歳児にはむづかしそうですけれど、小説ですからね。ご容赦!

 ほんわかムードは「本日、死体日和」と共通するのでは。というより、実は「本日、死体日和」の一部だったのです。手をつないで家に帰る途中で、ゾンビごっこのつぎは名探偵ごっこね?と話がはじまる作りになっていました。バランス悪いかと思い独立させたのです。

ショートストーリー「本日、死体日和」をカクヨムに投稿しました

 カズキが登場します。それからカナ。カズキは九乃カナの夫です。カナはふたりの娘。

 わたくしが小説を書くようになって、はじめて書いた長めの小説で主人公だったのがカズキです。つぎに書いたのが続編で、カズキが小説家と出会い結婚する話を途中挿入しつつも、カナが四歳のときの話です。カズキのお相手のペンネームが九乃カナだったのですね。娘にはペンネームから取って名付けました。わたくしのペンネームもこのキャラから取りました。新しく考えるのがメンドクサかったのです。

 エンディングで登場する祥子が九乃カナの正体というわけですね。モデルはいません。祥子は架空の人物です。

 続編を書いたあと、短編のアイデアが思いついてスケッチしていたものを仕上げました。4000文字いかない短いお話です。もうすこし伸ばしてもよかったのですけれど、あまり変化をつけられないかなと思い、短くまとめました。

 季節外れだし、以前の小説を公開していないし、ということで、楽しめる人はあまりいなさそうです。ゾンビ好きの人が騙されて読んでくれるかな。

ショートストーリー「告白死 人買い」をカクヨムに投稿しました

 今回は、シェアードワールド「告白死」です。

 一田和樹「告白死」の設定でショートストーリーを書きました。設定はカクヨムで公開されています。

告白死を書くための設定(一田和樹) - カクヨム

 他人のネタで小説を書いたらどうなるのかという興味から、「告白死」へたどり着きました。でも、設定を読んで、むづかしいなと思ったのです。わたくしには、この設定で小説を書けそうもないと。

 で、得意の入浴思考法です。湯船につかり、告白死ね~、死にたい人間が告白するんだよね~、死にたい理由をでっちあげないとな~。と、こんな感じで。するとまあ、小説に書いた順番で、アイデアが浮かんできました。いっぺんにではありません、告白死ね~、というあのゆるいテンポで。

 で、書いたのが「告白死 人買い」です。告白死をする人をもうすこし書き込めたらよかったのですけれど、なにも思いつかなかったからそのままにしました。女の子を多めに書いた印象です。

 そういえば、告白死の舞台がある広場、石はどうなっているのでしょうね。告白死がある前に集めておいて、そこから取って投げろっていう風になっているのでしょうか。その辺は書かずに済ませましたけれど。ちょっと中世ヨーロッパ風かなと思い、石敷きの広場にしました。

 掟3と掟4は破っています。

 エンディング、サクライという名前は念押しで出しましたけれど、人買いというところは削るか、残すか悩んだところです。削れば、告白死の人が人買いのサクライという可能性を残せて深みが出るかと思ったのですけれど。わかりやすい方を選びました。読者はそんな可能性なんて考えたくないでしょう。

 まあまあ面白い小説になったかなと自負していますけれど、どうでしょう。

目覚めよ!日本はもう戦場。一田和樹「フェイクニュース」(角川新書)

九乃の読書

 わたくしは小説をあまり読みませんから、普段の読書はこっちですね。ノンフィクション、科学関係の一般書とか啓蒙書といった感じのものを読みます。
 今回は一田和樹「フェイクニュース」(角川新書)のレビューをします。

一田和樹に教えを乞う

 わたくしはよく、抽象と具体の話をブログで書いています。
 もちろん、わたくしたちはリアルな世界に住んでいてネットも利用しつつ生活しています。
 具体的事象が日々、目の前を通りすぎてゆきます。といっても、わたくしはテレビを見ませんし、新聞も読みませんから、たいして通りすぎてはいかないのですけれど。
 具体的なものばかりに接しているわけですし、わたくしのような庶民には、そこから抽象し、高所大所から捉え、認識、理解することはできません。能力がありません。
 ですから、知性をもった人に教えてもらう必要があるのですね。そうでなければ、なにも知らず、なにもわからず、ただ流されるまま、他人に操られるまま生きてゆくことになります。ピエロです。
 そう言われると、嫌だなと感じるものですけれど、言われないと自然となにも知らず式になってしまいます。
 ですから、読書をするのですね。知性をもった人に教えを乞うわけです。
 今回わたくしは、一田和樹さんに教えを乞うた、そういうことになります。歯を磨きながら本を読んだだけですけれど。

なにが得られる?

 今回の読書で得られるものはなんでしょう。小説は楽しみのために読みますから、得られるものなんてありません。いえ、読者が勝手に得ているかもしれませんけれど、本来の目的ではないのですね。なにかを得るというのは。
 ノンフィクションの読書はちがいます。なにかに興味をもって、そのことについて知りたいな、理解したいなと思うから読むのです。
 フェイクニュースですね。テーマは。ですけれど、本を読むと、フェイクニュースはただフェイクニュースと思っていてはいけないとわかります。はい、得られました。フェイクニュースとは、もっと大きなものの一部なのですね。
 本書を読むと、世界的視野において、どういった分野のどういったものとして捉えるべきなのかわかります。
 それはハイブリッド戦です。帯に書いてあるから、ネタバレではないでしょう。戦争の分野のハイブリッド戦のなかに、フェイクニュースが位置を占めています。オッサンがちょっとした嘘をツイートしているなんてものでは、まったくないのですね。
 高度な知性をもたないと気づけませんね、そんなこと。抽象の力が要ります。
 といっても、海外ではそういう捉え方をすでにしているそうですから、一田和樹さんがすごい知性の持ち主だともちあげることはできません。でも、あとで書くように、本書によって第一報を届けたわけですから、大したものではあります。
 フェイクニュースはハイブリッド戦の中に位置するのですから、ハイブリッド戦というものを知らなければ、その正体もわかりません。
 多くの人は、ボットといわれてもなんのことかわからないのではないですか?ツイッターアカウントの多くはボットで運用されているのですよ?ボット自体が悪ではありませんけれど。

日本が戦争って。

 ハイブリッド戦は戦争の一部です。日本はこの戦争に巻き込まれつつあります。
 本書では世界の状況を詳しく説明していますけれど、流して読みました。やはり興味が湧くのは日本のことです。日本のことも書いてあります。ぜひ読んでください。
 戦争、身近に感じることはあまりありません。自衛隊を戦闘地域に派遣できるほど、日本人は、戦争というものにいい加減になりました。そりゃ、そうです。ずっと他人事で生きてきた人ばかりなのですから。他国民の身になって考える人はごく少数ですね。
 でも、日本にいるからって安心していられませんよ。ということに、まず気づく必要があります。
 状況はこうです。
 物理攻撃以外の方法があらわれたのですね。ネットがあることで社会を攻撃することができるようになった。社会に脆弱性を見つけ、そこを狙う。方法のひとつがフェイクニュース
 破壊されたものを修復するには、時間もコストも破壊するより何倍もかかります。社会を破壊された場合だって同じでしょうね。日本は敗戦から三十年ですか?復興したといわれています。社会を破壊されたら、どうなるのでしょうね。
 気になる日本社会の脆弱性、書かれています。
 わたくしたちは、フェイクニュースで破壊されてしまうような、脆弱な社会に生きているのです。怖ろしくないですか?そのことに気づきもしなかったら、怖くはないかもしれませんけれど、危険ですね。のほほんと暮らしていて、突然社会がぶっ壊れて、そこいらじゅうで小競り合い、暴力が横行し、殺人まで行われるようになる。社会が壊れるって、そういうことなのですね。
 現実の話ですよ?海外では起きていることです。そして、ネットを利用するのですから、日本でも同じことが起きる。日本に脆弱性が埋め込まれている。そういうことです。

攻撃から社会を守る方法

 ミサイル攻撃に対して有効なのは迎撃ミサイルを配備するくらいのことじゃないですか。知りませんけれど。すくなくとも、国民が竹槍をふりまわすことではないし、Jアラートが鳴ったら伏せるなんてことでもない。
 フェイクニュースは兵器なのだから、考え方は同じですよね。金をかけて国を挙げて対抗手段を準備すること。それがまた国民監視となると困るわけですけれど。少なくとも、竹槍式のしょぼい対策ではおっつかない。軽く考えてはいけないのです。

おい、起きろ!

 フェイクニュース、まだ有効な対策はないといってよいようです。できることを手探りでやる。そんな状況ですね。
 ミサイル攻撃に備えて、建物を頑丈にするとかいう状況でしょうか。途中で撃ち落とせるよ。そういうの作ったよ。カネ出せば買えるよという状況ではない。
 本書は、まず第一報なのです。ぼけっとしている人たちに向けて、おい起きろ、目を覚ませ。いまこんなことになってんだぞって教えてくれているのです。
 まずは目を覚ましましょう。目覚ましが鳴っています。