読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説賞への応募

14回の推敲が終わりました。

文字数は、130000文字くらいになりました。

これで完成にします。

つぎは小説賞への応募です。

なかなかピンとくる賞がないです。

 

ウェブで応募できないのはやめておきます。

紙で郵送しろって、今21世紀なんですけどと思います。

400字詰原稿用紙で400枚弱。枚数制限もクリアしなければなりません。

さらに、もし受賞した場合に著作権が出版社のものになるというのは、待遇が悪いのでやめておきます。

作者を大切にしようという気がないのだと判断します。

著作権が作者にないってことは、本になったときに印税がはいらないということでもあります。

賞の賞金だけ。

うまみがあまりありません。

賞金の上に印税もほしいところです。

それから、ジャンルの制約もあります。

ラノベとミステリばかりです。

「ペンギン」はミステリといえばいえなくもないくらいの小説なので、ミステリの賞では不利になりそうです。

まだ、どの賞に応募するか決めかねています。

 

土日で賞に応募して、月曜日からあたらしい小説を書きはじめます。

「ペンギン」のシリーズ第2弾です。

終わりまで書けるか不安ではありますが。