読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説好きですか?

11回目の推敲が終わりました。

わたしは小説、好きじゃありません。

ノンフィクションとかサイエンスとか専門書が好きです。

とはいえ、好きな小説もあります。

森博嗣「すべてがFになる」。

これはトリックがすごい。どうやって犯人と被害者を密室にいれ、犯人を外に出すかってところが、いろんなパターンを考えれば確かにこういうのあっていいよねって感じではあるけど、すごいです。

トリックからキャラ設定がかなり決まってしまう。そこからイメージがどんどん湧いてきたんじゃないかと思います。

出版順は1番だけど、執筆は4番目の作品。

1番にもってきて正解だったと思います。

いい曲をアタマにもってくるのはCDのアルバムでもよくやります。

それにシリーズ完結でも真賀田四季がでてくるから、すわりがいい。

京極夏彦姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」「絡新婦の理」「嗤う伊右衛門

「姑獲鳥」はすこし文章にこなれてない感じがあります。

伊右衛門」は、伊右衛門が刀を抜くまでがすべて準備。刀を抜くシーンのためにすべてがある感じです。そして刀を抜くシーンが最高です。

トーリーは、恋愛小説。

島田荘司

御手洗シリーズあれこれ。「異邦の騎士」が一番。

「疾走する死者」のセッションシーンもよい。

「ハリウッド・サーティフィケイト」はレオナが主役の番外編だけど、面白いです。あまり評判を見かけないですけれど。

吉敷シリーズは道子がでてくる作品。

「龍臥邸」はどっちのシリーズかよくわからないけれど、面白いです。石岡君にはヤキモキさせられます。

 

ミステリばかりですね。

ほとんどの小説は読んでも面白くありません。

上にあげた作家の作品でもです。

ということは、自分の書いた小説が面白くなくても当り前です。

面白かったら、上にあげた小説並みにすごい作品だということになります。

面白い小説を書こうなどと気合を入れずに、思いついたネタを小説の形にして仕上げようというつもりで書いています。